バラ焼き調査その7 十和田「味盛(あじもり)」

さてと、中2日の登板でございますな(笑)世間では日本シリーズなどやっておりまして、本日は西部の勝ちで2対2と。面白くなりそうでなによりです。

ってな、世間話はさておき、本日はカミさんがお遊びに出て歩くという事で、晩飯は各自で摂取とのお達しあり。という事で、仕事終了後、早々にまーまーさんから指令があった「北野ドライブイン」に向かいました。

しかし、着いたら同じ敷地内にある「十和田ドライブイン」しか営業しておらず、あえなく次回以降に持ち越し゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン。

急遽市街地に戻りつつ、営業しているお店探索モードです。この時点で、街中の焼き肉店で、哀愁の「ひとりバラ焼き」も既に視野に入っておりました。そのうち、お見せする事になるでしょうが(^∀^)

そんな中で、前回、前々回不発だったお店が、奇跡のように明るい。「いよぉ~し!」とばかり、若干鼻息も荒めで乗り込んだのがこちら。「味盛(あじもり)」さんでございます。

ec4af3ef8df2de59c7ba-1024.jpg

こちら、前回紹介した「さとう食堂」と同じくらい好きなお店です。味もそうなんですが、何しろ場所が大学に近いこともあるのか、コストパフォーマンスに優れております。こちらの目玉は「丼」ですが、メニューはこんな感じでございます。

4ab2f3362893b2159b62-1024.jpg

「Y野家」とか、「Sき家」とかと比べられると困るんですが、後の写真を見ていただければ、このお店の心が判るはず。わきの方にチョロッと書いてますが、「大盛」とその上の「大々盛」、「少盛」もできると。学生さんの胃袋に合わせサービスを考えていらっしゃいます。また、私のような安月給サラリーマンの心をつかんで離さない、にくい演出ですな(^∀^)

そしてこんな挑発的な立て札が。

c3829cacb7246bae9b0c-1024.jpg

当然、こちらを頼むでしょう。そして、ここのバラ焼きを味わうのもさることながら、ここの「丼」のインパクトを皆様に感じて欲しかった。こちらでございます。

55ffc075289f2f73bbab-1024.jpg

挑戦的なでかさです(笑)。間違いなく普通の丼の2倍は入るサイズです。つけあわせも味噌汁のほか、小鉢とおしんこがつきます。これで700円。ど~ですか?奥さん(((( ;゚д゚)))

おそるおそるふたを空けてみるとこんな感じでございます。

736d386540601b79a742-1024.jpg

とりあえず満杯にご飯が敷き詰められていないので安心かと思いきや、結構なボリュームなんですな(笑)。実はこのお店でバラ焼き丼頼むの初めてなんですが、いつも食っている「カツ丼」「鳥照り焼き丼」「カツカレー丼」などのイメージから、完食できるかどうかが不安だったんです。かなりな確率でいっぱいいっぱいになるので、「大盛り」はおろか、「大々盛り」などは、恐れ多くてとてもではないが手が出せません。勇気のある方はお試しくださいませ(⌒-⌒)。

そして、最初の一口。なんかいつもと見た目が違うというか、別な意味で馴染みのあるお肉の形、もしやこれは・・・・という事でパクっと。

んん、これって・・・・あぁ、やっぱり。これって「ぶた」さん。そう、これまでのお店は牛肉のバラ焼きを紹介してきましたが、ここで初めて豚肉のバラ焼きを紹介する事に。しかも「どんぶり」でございます。

いやいやいや、これが良い意味での誤算でございました。というのは「新たなバラ焼きの味覚」発見です!。食べなれた豚のバラ肉をたっぷりと使い、タマネギと甘辛いタレで炒めてゴマと紅しょうがが添えてあると。いや~、なんて箸が進むというか、レンゲが進むというか、とにかく夢中で「ワシワシ」。牛とは違う「親しみやすさ」というか「食べやすさ」がとにかく良い!まるで別の美味さです。当然味付けも違うのですが、ウシさんをブタさんに変えるだけで、こんなに味の性格が違うものかと思ってしまいました。味の印象が全く異なりました。普段だったら使用するであろう「一味」を事前に確認しておいたのですが、今回は夢中になりすぎて使用する暇もなかった、というか、必要ありませんでした。紅しょうがで充分に味が変化したおかげだと思います。

なんと表現したらよいのでしょうか。無理やり表現すると、牛さんのバラ焼きが「ドレスアップ」、豚さんのは「普段着」といったところかと。ここのバラ焼き丼だったら、間違いなく週一で通っても良い。それくらいインパクトありました。

皆様のイメージする「バラ焼き」と、味のイメージが大きく異なるかもしれません。しかし、私は「あり」だと言っておきましょう。普通に気分が向けば行っていたこのお店、今後は「バラ焼き丼」食いに通う私の姿が容易に想像できます。それくらいのやられっぷりです。

ただ、やっぱり「うし」さんと「ぶたさん」(それ以外も)区別しないといけませんね。同じ土俵では語れないものですし。ここまで味の性格が変わると思ってなかったもので(笑)。「うま」さんとかも出てくる予定ですし、そこらへんは気をつけないといかんです。

ということで、第7弾「味盛」さんでございました~(・∀・)つ

おっと、書き忘れましたがバラ焼き定食もあります。値段も一緒の700円ですが、話のネタにするのなら、ここの「どんぶり」は一度体験しておいた方が良いですよ!

<味盛(あじもり)>
TEL:0176-22-3228
住所:十和田市東二十二番町24-12
※ 北里大学近く。大学の前にある三叉路の交差点を北側に行き、一本目の道路を西側に曲がってちょっとのところにあります。十和田自動車学校の西側です。すぐ向かいに「いずみ食堂」あり(ここも美味い)。
営業時間、定休日:ともに不定(と、おかみさんが笑っておっしゃておりました)

味盛  – Yahoo!グルメ

店舗情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります(0002938190)。

コメント