バラ焼き調査その26 十和田「味蕾館(みらいかん)」

B-1グランプリでカレーを美味しくいただいた後、十和田へ帰還し向かった先はこちらのお店。十和田の道の駅奥入瀬ロマンパークにある「味蕾館(みらいかん)」さんでございます。

172c0cfb51f27538b3a1-L.jpg

なぜ今日来なきゃならなかったかというと、こちらのお店は来週のイベントで協力してくださるお店。今日中に調査しておかないと、イベントの時に使う小道具を作るのが間に合わなくなるのもありますし、このお店の参加が決まったのはほんの何日か前。ということで早速お店に入ります。

ここの店長さんは古くからのお知り合い。ついさっきまで行ってたB-1グランプリなどの雑談しながら「バラ焼き」注文です。

44fc6b0b19a3607f7ff0-L.jpg

これがお店においてあったパンフ。正直言うと見た目「?」でした。値段は今までで一番高い1596円。これは肉が十和田湖和牛を使っているなら納得のお値段なんですが、問題はその形状。これは「バラ焼きに近いもの」かもしれないなぁと。なぜならあまりバラ焼きには入れないキャベツが見えていたり、卵が既にのっかっていたりとあまりバラ焼きには見られないスタイルです。下手すると「肉野菜炒め」との区別がつかなくなってしまいます。実際に食べてどう違うのかがポイントです。

5e878775236210ce5210-L.jpg

運ばれてきたのがこちら。アツアツの鉄板がジュ~ジュ~と非常に食欲のそそる音を発しております。肉はかなりたっぷり目!バラ焼きの野菜はタマネギのほかピーマンです。タマネギの量は充分。そして、問題のキャベツは、既に調理してあるバラ焼きの下に敷かれている感じ。卵は生のまま、バラ焼きの上にかかっております。

1471857a6c106f1b6b42-L.jpg

あとはライス大とお味噌汁、おしんこがついてきます。ではではいつものとおりオンザライス!そして「ブギョ~、逝きマ~ス!!!」

9584d2ed7ca5e2af4a21-L.jpg

(‘▽’*)ニパッ♪ 最初はバラ焼きのみで逝ったんですが、まさに「バラ焼き」。タマネギの炒めも充分で、本道からは外れていない。また、ピーマンの苦味が非常に良いアクセントになってます。しかし何と言っても特筆すべきは肉自体の良さですね。良いお肉がたっぷり入っており、またその上質の脂がタレと掛け合って(^^)、なんとも贅沢な一品です。

7df0f3f1af3b6a449c51-L.jpg

キャベツはこんな感じでバラ焼きの下に敷いてあったのですが、バラ焼きと一緒に食べると意外にいい感じ。若干火が通ってタレをまとった生キャベツが、余計な脂をさっぱりさせてくれる感じです。

b5d71b2ec634ba9cdf3d-L.jpg

そして卵。「上高地」ではすき焼きのように溶き卵を漬けて食べるスタイルでしたが、ココのは最初っから載っていると。半分くらい食べ進んだところで卵を崩し、バラ焼きとキャベツに絡めていただいてみました。上高地でも書きましたが、私はあまりこの食べ方は慣れていない(爆)。コメントに困りますが、全然まずくはないです。卵好きにはおススめと言っておきましょう。

総じて言うと、こんなバラ焼きの食べ方があって良いかもしれません。キャベツと卵はトッピングと考えれば判りやすいかなと。バラ焼きと生キャベツは確かに合いますし、この店独自のバラ焼きの食べさせ方ということなのでしょう。また、ここのバラ焼きは何と言っても「良いお肉たっぷり」ってのが売りですよぉ、奥さん!。

その他、ココはステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなども扱っております。特に日によっては食べ放題や飲み放題やってますので、お店に確認してから行くと良いですよ!送迎バスもあるので、忘年会や新年会でも良いですなあ。

以上、「味蕾館」さんでした!

<味蕾館(みらいかん)>
TEL:0176-72-3341
住所:十和田市大字奥瀬字堰道39-1
※ 十和田市街地から車で国道102号線を十和田湖方面へ約20分程度行くと左手に「道の駅」が見えてきます。道の駅構内にあります。
営業時間:11:00~19:00
休業日:無休(ただし11月~3月は水曜定休、年末年始は休業)
ホームページ: http://www.oirase.or.jp/mirai/mirai.htm
Email : oirase28@infoaomori.ne.jp

「地図」
青森県十和田市奥瀬堰道39-1

コメント