バラ焼き調査番外編 十和田「ピルゼン」2回目

先週末は飲みが続き、なかなかハードな週末でした(爆)。
まず木曜日はこちら。
ピルゼン お店
同期の仲間がある事情で退職する事になり、こちらでお別れ会でございます。
やっぱり、仲間が去っていくのはさびしいのですが、前向きな退職なのでよかった(^^)。子供の教育の事などを彼なりに考えての退職なので、楽しく飲む事に。
んで、全然関係ないのですが、以前もここでメニューにない「バラ焼き」を注文した前歴あり。
その時はこのようなものが登場し、個人的に感嘆いたしました(^^)
ピルゼン バラ焼き
味もよし。やっぱりバラ焼きで通じる十和田市民っていいよなあ、というのがあの当時の感想。
ほんで、今回もやっぱり同じく「バラ焼き」ありますかって言ってみたら・・・
何と、「できます」と即答した上で、コンロがセッティングゥッ!!!
いやいやいや、ありえない(爆)。何が起きているのか理解できないままにこちらがお出まし。

いつの間に鉄鍋まで(爆)・・・
雑音がいろいろはいっておりますが、焼いている模様はこんな感じです。

そして、オンザライスはなし(^^;)でそのまま「ブギョ~、逝きマ~ス!!!!」
( ̄ー ̄)ニヤリッ 生姜の印象が強いのですが、味のバランスが非常によく、また、他にはないモヤシが良い食感♪。どちらかと言うと甘みが抑えられた大人の味です。提供する形態は変わっておりますが、味はほぼ変わってなかった。
と言うより鉄板で出されている事で、より熱く食べられますし、焼き具合を自分で加減できるので非常に良い感じでした!
さて、今回番外編とした理由は、「この何ヶ月かでここまで変わるんだ」と思った事。正式メニューにならなくても「裏メニュー」であることにしてマップに入れちゃっても充分です。が、せっかくココまで発展したんだから、今後ももしかしたら変わるかも?
もうチョットとしてからまた行って、「バラ焼き」頼んでみます(^^)!
しかし、素晴らしすぎる店だ(爆)

コメント