「第1回全国バラゼミ校長会」 薔薇・弐/参

フォーラム薔薇ニでは、三農バラ焼きガールズ(県立青森三本木農業高校生活科)により
「“ヘルシー&ビューティ”新バラ焼きのたれ研究発表」が行われました。
sannoubarayakigirls.jpg
以下、その発表内容をダイジェストでお伝えします。
青森県は「日本一の短命県」として知られています。三本木農業高校生活科では、その原因となる生活習慣病を少しでも減らすための食生活改善として、足りない野菜の摂取量を増やし、健康向上をはかること、また米所である地域性を活かした産品開発の研究を続けています。
そこにバラ焼きゼミナールからタレの共同開発依頼が持ち込まれました。
早速、舌校長はじめバラゼミメンバーと市内の老舗の食べ歩き調査開始。バラ焼きは確かに「おいしい」と感じられるが、健康面から考えた時に、油と砂糖で高カロリー、女性から人気がないということが分かり、「野菜と果物の甘味でカロリーハーフ」さらに美容にいい食材を添加した「女性向けヘルシー&ビューティー」というコンセプトに辿り着きます。
タレを試作し、道の駅などでの試食会で得た意見をもとに、さらに改良を加えます。また、地域性やコンセプトが伝わるようなラベルやポスターの製作にも取組みはじめたところで、この活動がテレビや新聞で取り上げられ、地域の人々に広く認識され、研究に対する応援メッセージが届きはじめました。
今後は、栄養過多で高カロリーなバラ焼きの付け合わせの研究も行っていくそうです。
これらの活動を通して「研究開発を通してひとつの商品を作り上げることの難しさと面白さを実感。産・官・学にわたる共同開発と、地域の方々からのアドバイスを得ることで、貴重な体験ができた」としています。
kochokai5.JPG
このタレの商品化および販売について、地元企業からのオファーをお待ちしています。
三農バラ焼きガールズのみなさん、すばらしい発表ありがとうございました!大人顔負けの研究開発力とマーケティング分析、そしてパワーポイントを使った発表に、愛Bリーグの皆さんも感心していました。
(「第1回全国バラゼミ校長会」 薔薇・参に続く・・・)

コメント

  1. 髭男爵 より:

    皆さんーボンジュール
    本当に御無沙汰をしておりました。
    無事にバラ焼きフォーラムも終了し、感動の涙も乾ききらぬうちに
    次は屋台のオープンに向けて、必死こいでます。
    全国バラゼミ校長会に御来場くださいました皆様、ありがとうございました。そして、この会議のために全国津々浦々よりお集まり頂いた校長先生たち、本当にメルシーボンボンです。
    感謝と感謝と二日酔いと、うれしいやら、気持ち悪いやら、眠いやら
    ほんとうによかったです。
    沢山の方に御支援いただきました。沢山の方にお世話になりました。
    髭男爵が一番成長できたフォーラムでした。
    愛ーBリーグと全国各地でまちつくりをしている仲間の皆さんへ贈ります。    ラビアンローズ。。。すてきなまちへ。。。。