スタッフ最終ミーティング

img-825155218-0001.jpg B-1グランプリin厚木まであと9日・・・。
十和田バラ焼きバラゼミロゴ2.jpgは、第1会場(イトーヨーカ堂駐車場会場)に出展します。アクセスは、小田急線・本厚木駅から徒歩すぐ。
食事チケットは、当日券だけとなりました(売切れ次第終了、お早めに!)。なお、ローソンチケットでの前売り引換券は完売しました。
B-1グランプリin厚木スタッフ最終ミーティングが8日(水)19時から行われました。
すべての参加メンバーが集まってそれぞれの役割を確認し、調整する最後の機会です。
meeting1.JPG
まずは自己紹介。今回の役割、想いが一人ひとり語られました。
続いてB-1グランプリin厚木の概要とスケジュール、
場所の確認の後、ブース内の人員配置を確認。
竹ヶ原総料理長「2日で1万食を提供するブース内は
”焼き”はもちろんだが”盛り”が一番のポイントになる」と図解しながら説明しました。
meeting2.JPG
続いて、焼き、盛り、フロント、パフォーマンス
それぞれの部隊に別れ、細かい詰めと最終確認。
meeting3.JPG
最後に畑中舌校長が挨拶。
meeting4.JPG
「ここに来るまで3年を費やした。
全国の食でまちおこしをしている皆さんの活動に励まされ、
時に逆風を受けながらも帆を進めることができた。
今大会は38名プラス奉行1名で臨む。
我々の活動は、新渡戸稲造博士の師である
クラーク博士のこの言葉に集約されている。
“Boys, be ambitious.
be ambitious not for money
or for selfish aggrandizement,
not for that evanescent thing
which men call fame.
be ambitious for that attainment of all
that a man ought to be.”
青年よ大志を抱け
それは金銭や私欲のためにではなく
また人呼んで名声という空しいものの
ためであってもならない。
人間として当然そなえていなければならぬ
あらゆることを成しとげるために大志を抱け」
後はご来場の皆さんに「バラ焼きおいしい。バラ族なんだか楽しそう。
今度十和田に行って食べてみたい」と思っていただけるよう、
互いに連携し、全力を出し切るのみです。
すべてのお客さんにバラ焼きでバラ色の人生を!ラビアンローズ!

コメント