さらなる活動へ

 先日、十和田バラ焼きゼミナール学長を辞任された、
江渡のぶたか氏が「十和田市を元気に!」をスローガンに
新たな活動を始める事となりましたひらめき
 本日は、その活動のための拠点となる、事務所開きが行われ、
多くの支持者の方々が参集されましたかわいい
_1020818.JPG
img027.jpg

コメント

  1. 髭男爵 より:

    ボンジュール
    あっちゃんをはじめ全国のバラゼミを応援していただいてる皆さま~
    我々はバラ焼きを生業としておりませんが、なっなっんと我々のアンテナ店がございます。市内の中心部に位置しておりまして、食楽街1955の屋台村の入り口に本物の屋台で営業をしております。
    そこでは昨年の東北B-1で優勝したバラ焼きの味を楽しめますし、今年の厚木B-1の味、そして横手で開催されました北海道・東北B-1優勝の味もお楽しみいただけます。
    そして、それには留まらずに十和田の名店の逸品料理を月変りでお楽しみいただけます。(なぜならば我々の活動はバラ焼きを売ることが目的ではなく、バラ焼きを通じて十和田を売ることが目的です。バラ焼きをツールとして色々な十和田の食の魅力を紹介できればとの思いで営業しております。)   ちなみに雇用も少しですが創出できてるし、経済波及効果も少しですがおこせてます。
    そして今、我等の学長が新たなる挑戦のステージに立ちました。
    ボランティアでは限界があることもふくめ、更なる街づくりへの挑戦をするべく十和田市議会選挙に立候補しました。
    彼の提唱するトリックアートによる街づくりや色々と面白い構想が実現できますようぜひとも応援したいと考えております。
    地方から日本を元気にしたい、疲弊していく地方をなんとかしないと
    いけない、我々もがんばります。応援よろぴくです。
    信ちゃんの新たなる挑戦にラビアンローズ。。。。。。。。。。。